歯が虫歯で欠けた場合はセラミッククラウンを考えましょう。

歯はできるだけ良い差し歯を入れて長持ちさせるのが一番です。

差し歯の素材によってメリットもデメリットもありますし、寿命もかなり異なります。

金属の差し歯は劣化変形するのがデメリットです。

一般に歯の補綴物として使われた金属は、叩くと伸びる金属の性質により変形しますし、さび等の劣化もしてきます。

金属が変形劣化すると、隙間から虫歯ができたり、根が傷んできてしまったりといったトラブルが起こります。

 

そこで、セラミッククラウンをお勧めします。

精度が高く、虫歯になりにくいです。

現在、しん歯科のセラミッククラウン(ジルコニア)はコンピュータで設計され、高い精度で作ります。

セラミックはCAD/CAM(コンピュータ上で設計し、白い歯を削り出す物)を使います。

その上で、歯科技工士が調整や色付けをして作られます。

そのため、虫歯になりにくいセラミッククラウン(ジルコニア)が出来上がります。

すべてセラミックなので裏側まで白いです。

 


2017-08-14T12:43:17+00:00

投稿更新しました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

歯科

成長する歯科と新たな技術

new dental

歯の悩み

悩んだ人にしかわからない

とても大事な歯科治療

歯科矯正がある

歯並びの大切さ矯正歯科

インプラント

歯の喪失を克服

歯のインプラント

良い状態を維持

予防歯科、良い状態の維持

末永く自分の歯を