白い歯のかぶせ物・セラミック・ジルコニア・オールセラミック


歯の形、歯並びが整い白く美しい歯を実現。

クラウン法とは、形の悪い差し歯、被せ物を治したり、 虫歯で歯が欠けている場合などに用いられる方法です。
クラウン法では、 見た目が非常に自然に近い色調に合わせることができます。

 


歯を治療する時、せっかく治療をするならきれいな歯にしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

歯の治療でおすすめなのがオールセラミッククラウンです。

オールセラミッククラウンは金属を使わないために審美的に高い歯にすることができるのです。

また、セラミッククラウン法(ジルコニア)では、部分的な歯並びの矯正も行うことができます。
審美歯科は、歯の長期的健康にも良いです。

 


 

現在の最先端の歯科医療では金属を用いずに透明感のある綺麗な差し歯をセラミック(陶器)で再現する事が可能です。
歯や歯茎も金属が溶け出し黒くなる心配もありません。
 

 

 

オールセラミッククラウンは人の見た目をも変えることができるセラミックです。

 

前歯が黒く変色していたり、前歯の被せ物が黄色く劣化したりしては人と話していても説得力が低下してしまいます。

 

きれいな歯は知的に見え、相手に好印象を与えます。

 

オールセラミッククラウンの最大の特徴は自然の歯のような透明感を出した被せ物を作ることができることです。

 

歯には神経があり、黄色っぽい象牙質と、歯の表面を覆っている透明なエナメル質があります。

 

このエナメル質の透明感を自然に作ることができるのがオールセラミッククラウンなのです。

 

金属を使う保険の差し歯やメタルボンド(金属の表面にセラミックを焼き付けたもの)の場合、金属が歯茎に漏れ出し、歯茎が黒くなってしまうことがあります。

 

一度黒くなってしまった歯茎は被せ物を後から変えても、歯茎の色が戻らないです。

 

そのため前歯には被せ物に金属を使わないセラミック治療をお勧めします。

 


金属アレルギーにならないですし、予防できます。

セラミッククラウンは被せ物に金属を使わずに治療を行います。

金属は水分があるところではイオン化し、いつも成分が漏れ出しています。

そのため金属イオンが体の中に蓄積し、ある日突然金属アレルギーになることがあるのです。

できるだけ口の中には唾液に接触する金属を入れないようにしたほうがいいのです。

 


現在のセラミッククラウンは3次元の光学カメラで撮影し、コンピュータで設計され、高い精度で作れます。
セラミックはCAD/CAM(コンピュータ上で設計し、機械が形を削り出す)システムを使います。
その上で、歯科技工士が精度の高い調整や色付けをして作られます。
そのため、虫歯になりにくいセラミッククラウンが出来上がります。

歯科

成長する歯科と新たな技術

new dental

歯の悩み

悩んだ人にしかわからない

とても大事な歯科治療

歯科矯正がある

歯並びの大切さ矯正歯科

インプラント

歯の喪失を克服

歯のインプラント

良い状態を維持

予防歯科、良い状態の維持

末永く自分の歯を