エステティックデンチャー(スマイルデンチャー、審美義歯)

表から金属バネ(クラスプ)の見えない入れ歯(義歯)

エステティックデンチャー(スマイルデンチャー、審美義歯)とは金属のバネが無い入れ歯です。

ノンクラスプデンチャーとも呼ばれます。

通常の入れ歯は、金属のバネを残っている歯に引っ掛けて、入れ歯が取れたり浮いたりしないようにしています。

しかし、この金属のバネが目立ってしまい見た目が悪くなってしまいます。

スマイルデンチャーはこの金属のフックの代わりに、弾性のあるプラスチックを使うことによって、笑っても自然な歯のように見える入れ歯のことです。


さらに、裏側を金属で作ることもできます。

 

 

 

裏の見えなくなる部分は薄くてガッチリ安定した金属床で、表の外から見えるバネ(クラスプ)の部分はピンク色です。
表側は見た目が良く、裏の丈夫な金属床でしっかり咬めます。
「イイトコ取り」を実現しました。

 

 

 

 


 

このように、エステティックデンチャー(スマイルデンチャー、審美義歯)には様々な形のものがあります。

エステティックデンチャー(スマイルデンチャー、審美義歯)は一部もしくは全てをプラスチックで作るため、劣化しやすいです。

劣化するとエステティックデンチャー(スマイルデンチャー、審美義歯)がゆるくなったり、変色したりします。

すべてプラスチックで作った場合、修理は難しく新しく作る必要があります。

 


歯が抜けると、その後どうなるのか誰もが心配になります。

インプラントやブリッジも優れています。

しかし、すぐに決めることができない場合は一度、スマイルデンチャーを作ってみてはいかがでしょうか。

もし、スマイルデンチャーで満足すればそのまま使い続ければいいですし、やはり硬いものも食べたいというのであれば、インプラントやブリッジを検討すればいいのです。

インプラントやブリッジをエステティックデンチャー(スマイルデンチャー、審美義歯)の後から行う場合は、エステティックデンチャー(スマイルデンチャー、審美義歯)でインプラントやブリッジ治療期間中に仮り歯として利用できます。

歯科

成長する歯科と新たな技術

new dental

歯の悩み

悩んだ人にしかわからない

とても大事な歯科治療

歯科矯正がある

歯並びの大切さ矯正歯科

インプラント

歯の喪失を克服

歯のインプラント

良い状態を維持

予防歯科、良い状態の維持

末永く自分の歯を