ips細胞の進化

ニュース「不要なiPS細胞を除去 がん化防ぐ新技術 京大など

不要なips細胞だけを従来より効率よく取り除く新しい化合物を、京都大の斉藤博英教授(生命工学)らの研究グループが開発した。19日、米科学誌セル・ケミカル・バイオロジーで発表した。」

歯科でもips細胞の研究が進んでいます。

でも、歯科では一足先にインプラントができるようになりました。

インプラントができる前までは全部歯が無くなってしまった場合、入れ歯しか治療法がありませんでした。

良い時代になりました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

歯科

成長する歯科と新たな技術

new dental

歯の悩み

悩んだ人にしかわからない

とても大事な歯科治療

歯科矯正がある

歯並びの大切さ矯正歯科

インプラント

歯の喪失を克服

歯のインプラント

良い状態を維持

予防歯科、良い状態の維持

末永く自分の歯を