虫歯の放置が起こす怖い症状

虫歯を長年放置していませんか?

虫歯を放置すると、急に痛みが出たり、虫歯が進行し歯を失ったりと、その後の日常生活に大きく影響を与えます。

しかしその一方で、放置した虫歯でも、自分にあった治療法が必ずあります。

今回、放置した虫歯の治療法、しん歯科で行う最新治療を紹介していきます。

さらに、なぜ虫歯を放置すると怖いのか、その理由も書きます。

自分の歯を守るための参考にしてみて下さい。


虫歯菌を除去する

虫歯の治療は、虫歯菌が広がらないように、虫歯の部分を除去することが原則です。
そして、除去した虫歯の部分は人工物で修復します。他にも、虫歯の進行度、虫歯の深さ、範囲、場所によって、治療法はいくつかの種類があります。

詰め物を使用して治療する

虫歯部分を削った後は、歯の代わりになる詰め物をします。虫歯治療に使う詰め物や被せ物にはさまざまな種類がありますが、一般的に使用する詰め物は、下記の2種類です。

  • レジン修復

プラスチック樹脂を直接詰める方法です。

  • インレー(銀歯)修復

歯の型取りをして、銀歯を作製し、後日詰める方法です。最低、2回の通院が必要です。

神経を治療する場合。

虫歯が神経まで進行すると、根管治療が必要となります。根管とは、歯の中にある神経や血管が入った管のことです。
根管治療は、虫歯菌に感染した神経や血管を除去した後、消毒して薬剤を詰める治療法です。

根管治療後は、詰め物だけでは対応できないため、歯の全体を覆う被せ物をします。
被せ物では、まず土台を製作し、そのうえに被せ物を被せて固定します。

また、根管治療が行えない程、悪化している虫歯や激しい痛みがある場合は抜歯になります。

歯を失った場合の治療

虫歯を放置した結果、歯を失った場合、しん歯科では以下の治療ができます。

歯を失った部分の顎の骨に特殊なチタンを埋め込み、その上に人工の歯を作る治療です。

天然歯に最も近いです。

メンテナンスをきちんと行うことで寿命は長持ちします。

失った歯の両隣の歯を削り、その2本を支えに橋のように人工歯を入れる治療です。

取り外す手間がないです。
噛む力も比較的高いほうです。

  • 入れ歯

失った歯を補うために人工物を入れる治療です。取り外し可能で、総入れ歯と部分入れ歯があります。

ほとんどの症状で適応できます。
取り外しが可能です。

虫歯の放置が起こす怖い症状

腐った神経からばらまかれた細菌は、あごの骨にまで広がっていきます。すると、あごの骨が炎症を起こして化膿し、歯茎から膿が出るようになります。また、あごの骨髄が細菌に感染して「骨髄炎」になり、熱や嘔吐、体調不良などが続くようになることもあるのです。

さらに、細菌が血液の中に入り込んでしまうと、全身をめぐって「肺炎」や「脳梗塞」「心筋梗塞」を引き起こしたり、心臓や脳が虫歯菌に感染して、重篤な後遺症が残ったりするなどといったケースもごくまれにあります。

虫歯は、早期に発見することができれば、簡単な処置や対処法で済みます。しかし、初期の虫歯は痛みやしみる、腫れなどの自覚症状がなく、気づかないうちに虫歯が進行していることも少なくありません。初期段階で虫歯を発見して適切な対処を行えるよう、定期的に歯科検診を受けるようにしましょう。


2017-08-14T12:32:12+00:00

投稿更新しました。

更新

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

歯科

成長する歯科と新たな技術

new dental

歯の悩み

悩んだ人にしかわからない

とても大事な歯科治療

歯科矯正がある

歯並びの大切さ矯正歯科

インプラント

歯の喪失を克服

歯のインプラント

良い状態を維持

予防歯科、良い状態の維持

末永く自分の歯を