大人(30歳以上)の矯正歯科について

 

30歳以上の大人の矯正治療は歯並びだけでなく、歯周病や歯茎下がり虫歯や時間的制約などで被せ物など総合的な治療が必要になることが多くあります。

また、30代以上の8割はなんらかの歯周病の状態になっています。

 

歯列矯正を行う前に歯周病の状態は改善しておかないと、矯正治療が行えません。

また、社会人になると銀のブラケットを前歯につけるのはいろいろ言われてしまう場合もあります。

しん歯科では目立たないブラケットや、裏側矯正プチ矯正などもできます。

すべての治療はしん歯科の院長が行っていますので、様々な治療に対応できます。

噛み合わせによってはできない場合もありますが、いくつかの選択肢とおすすめな方法を分析します。

もちろん、矯正治療後のフォロー、メンテナンス(予防歯科)もしん歯科は院長が行っています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

歯科

成長する歯科と新たな技術

new dental

歯の悩み

悩んだ人にしかわからない

とても大事な歯科治療

歯科矯正がある

歯並びの大切さ矯正歯科

インプラント

歯の喪失を克服

歯のインプラント

良い状態を維持

予防歯科、良い状態の維持

末永く自分の歯を