ips細胞

ips細胞

 

ニュース「3月28日、目の難病患者に対し、備蓄しておいた他人のiPS細胞を使った移植手術を実施した。患者本人の細胞を使うのに比べ、準備にかかる費用や時間を約10分の1にでき、多くの人が受けられる医療に近づく。iPS細胞の生みの親である京都大学の山中伸弥教授は再生医療普及への「突破口になれば」と期待する。」

歯科でもips細胞の研究が進んでいます。

でも、歯科では一足先にインプラントができるようになりました。

インプラントができる前までは全部歯が無くなってしまった場合、入れ歯しか治療法がありませんでした。

良い時代になりました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

歯科

成長する歯科と新たな技術

new dental

歯の悩み

悩んだ人にしかわからない

とても大事な歯科治療

歯科矯正がある

歯並びの大切さ矯正歯科

インプラント

歯の喪失を克服

歯のインプラント

良い状態を維持

予防歯科、良い状態の維持

末永く自分の歯を