予防歯科と歯周病の関係

初期の歯周病は痛くありません。

そのため、自分で歯周病であることに気づくことができません。

 

痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、

それまではほとんど自覚症状ありません。

これが歯周病の最大の特徴で、

また一番恐いところです。

予防が一番の治療になります。

定期的に歯科医院に通いましょう。

きれいになって、病気を治せます。一石二鳥です。

もし、歯周病になって歯が抜けてしまった場合は

1、「入れ歯」もしくは

2、「インプラント

3,「ブリッジ

で歯を補います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

歯科

成長する歯科と新たな技術

new dental

歯の悩み

悩んだ人にしかわからない

とても大事な歯科治療

歯科矯正がある

歯並びの大切さ矯正歯科

インプラント

歯の喪失を克服

歯のインプラント

良い状態を維持

予防歯科、良い状態の維持

末永く自分の歯を